ドローブ(DROBE)

ドローブ(DROBE)はこんな人におすすめ!メリット・デメリットまとめました

スポンサーリンク

2021年4月3日更新

クーポンコード、キャンペーン詳細は公式サイトでご確認ください

ドローブ(DROBE)は、他のサブスクファッションとは一線を画すスタイリング専門のサブスクサービスです。

ただ服をレンタルするのではなく、一人ひとりにあったファッションを提案するサービスなので、自分に似合う服を探している方から非常に人気があります。

しかしサービスの特性を理解していないと「思っていたのとは違った」という不満が起きやすいのも事実。

この記事ではドローブのメリット、デメリットを踏まえて、おすすめできる人、できない人のタイプを分析してみました。

ドローブに向いていない方には、別のレンタルサービスも紹介しています。

 

スポンサーリンク

ドローブ(DROBE)はこんな人におすすめ

  • 自分に合ったファッションがわからない、コーデが苦手
  • プロのスタイリストにコーデしてもらいたい
  • お店での試着が苦手 or 子供が小さくてお店で試着ができない
  • レンタル、中古品が苦手!お洋服は新品を購入したい

 

ドローブ(DROBE)の良い点・メリット

1.プロのスタイストが自分だけのコーデを提案してくれる

ドローブ最大の特徴は、プロのスタイリストが自分のためだけにアイテムを選んでくれること。

会員ページから詳しく正確にプロフィールを記入し、体型の悩みや具体的に商品の活用シーンのイメージをリクエストすると、自分にピッタリのコーデを提案してもらえます。

プロの目から見て「あなたに似合う!」と自信を持っておすすめするアイテムの中には、普段自分ではなかなか選ぶことのないものも。「新たな発見がある!」とファッション感度の高い方やパーソナルスタイリングに興味がある方からの支持を集めています。

「自分に合ったファッションがわからない」という方以外にも、「コーデを考えたり、買い物に行く時間がない!」という、とにかく忙しい方や、家を空けられない育児中の方などからも注目を集めています。

スタイリストには雑誌や広告、芸能人のスタイリストをはじめ、セレクトショップや百貨店で活躍する販売員、服飾デザイナーやパタンナーなど、ファッションのプロが名を連ねています。

2.新品のアイテムが届く

プロのスタイリングが受けられるサービスは、月額ファッションレンタルの「エアークローゼット(airCloset・エアクロ)」が有名です。

エアクロは中古のレンタル服であるのに対し、ドローブは新品の購入品が送られてくる点が異なります。

ドローブとエアクロの違い

ドローブ エアクロ
アイテムの状態 新品 中古(レンタル品)
アイテムの所有者 自分 エアクロ(要返却)

レンタルサービスのお洋服は、クリーニング済みとはいえあくまでも中古品です。

他の人が使用したものを使うことに抵抗がある方や、返却忘れが心配でレンタルに不安があるという方は、新品アイテムが送られてくるドローブがおすすめです。

送られてきたアイテムは購入しなくても問題ありません。自宅で試着してから、購入するか返品するか決められます。

3.自宅でゆっくり試着ができる

ドローブの意外なメリットの一つに自宅でゆっくり試着ができることが挙げられます。

お子さんがいる方は心当たりがあるかと思いますが、小さな子供を連れてお店に行き、服を選んで試着して、買うかどうか判断する……というのは、想像を絶する労力だったりします。

めめ
私は1店目で疲れ果てて帰宅したことがあります……

小さなお子さんがいない方でも、お店での試着自体が苦手! という方もいると思います。

服を選んでいるときから、店員さんがピッタリついてきて「お似合いです~こっちは流行色で人気です~アウターもいかがですかぁ~(以下略」と、いうアレ。

店員さんはお仕事なので仕方ないのですが「なにも買わないとも言いづらく、焦って適当に買ってしまった」という経験があります。私には……。

試着が苦手ではない方も、自宅でゆっくり試着することで手持ちの服と直接合わせてコーディネートを考えられるというメリットがあります。

お店だと何となく雰囲気で選んでしまいますが、自宅なら色やサイズ感を冷静に見られるので「思っていたより使えない服を買ってしまった……」というアンマッチも防げます。

4.全てLINEで完結

ドローブは登録からスタイリストとのやり取りまで、全てLINEで行ないます。

初回にLINEで友達登録をすると、スタイリングに関する質問事項が送られてきます。

質問内容はこんな感じ。

  • 好みのファッション
  • 提案してほしいアイテムの要望
  • 自分の体型についての質問
  • 既婚か未婚
  • 子どもの有無

質問にはクリーニングが必要な商品の提案が可能か、といった細かい質問も用意されています。

ドローブのアイテムは購入品なのでメンテナンスのことも考えなくてはなりません。「洗濯機で洗えるものだけにして!」というような要望に答えてくれるのは嬉しい限り。より具体的な活用シーンを伝えると、イメージに合った提案をしてくれるようです。

これらのやり取りはすべてLINEで行ないます。仕事のお昼休みや通勤時間など、ちょっとした空き時間でパパっとLINEでやりとりできます。

めめ
メールやフォームだと気構えてしまいますがLINEだと気軽に返信できて良いですよね!

5.事前にアイテムが確認できる

ドローブは、おまかせのスタイリングサービスにしては珍しく、発送前にアイテムの確認ができます。

もし不要な商品やイマイチ気に入らないものがあれば、他の商品を再提案してもらえます。LINEでやりとりをすることにより、自分の好みに近い商品が送られてくるのです。

商品到着後は実際に試着して、購入するかどうかを検討します。

購入する商品と返品する商品を決めたらスタイリングについての感想をフォードバックすると、スタイリストが次回以降、さらにマッチしたアイテムを提案してくれます

 

ドローブ(DROBE)の注意点・デメリット

1.公式サイトや他サイトの方が安いことがある

ドローブはセール中の値引きアイテムが届くこともあり、お得に買い物することも可能です。

しかし、タイミングによってブランドの公式サイトや他のファッションサイトでセールを行っており、ドローブで購入するより安く買えるものがある場合も

他より高く買ってしまったことが、夜も眠れないほど悔しく感じるタイプの方は、ネットで値段を検索してドローブと比較して購入することをおすすめします。

めめ
自宅でお試しするからネットでゆっくり比較できる。ある意味メリットかも!

2.商品を購入しなくてもスタイリング料がかかる

ドローブの利用料は3,190円 (税込)。これは商品に対してではなく、スタイリングサービスに対する利用料なので、送られてきた商品を1点も購入しなくても、料金を支払う必要があります。

商品以外の部分でお金を払うことに抵抗がある方も多いかもしれません。そんな方のために、初回はスタイリング料が無料のお試しキャンペーンが開催されています。

2021年4月3日更新

クーポンコード、キャンペーン詳細は公式サイトでご確認ください

まずは気軽にお試ししてみて、どんなスタイリングをしてくれるのか、自分に合うのかをしっかり見極めてから継続利用すると良いでしょう。

自分に合ったアイテムを提案してもらうためには、初回登録や商品提案のリクエストをできるだけ細かく具体的に伝えましょう。2回目以降は前回のフィードバックを細かく行なうと、さらに自分好みの商品が届くようになります。

3.購入品の保管スペース・クリーニングが必要

ドローブから送られてくるアイテムはすべて新品の購入品です。つまり購入したアイテムは保管スペースやお手入れが必要になります。「毎月新しい服を試したい!」という方は、油断するとどんどん服が増えてしまうので注意しましょう。

保管やメンテナンスの手間を省きたいという方は、レンタルタイプの「エアークローゼット」がおすすめです。

ドローブと同じようにプロのスタイリストによるコーデが楽しめますが、送られてくるアイテムはレンタル品。利用が終わったら返却するだけなので、保管スペースもクリーニングもいりません。

エアクロは気に入ったものは購入も可能なので、もし中古品に抵抗がなければ比較検討してみてはいかがでしょうか。

2021年4月3日更新

クーポンコード、キャンペーン詳細は公式サイトでご確認ください

-ドローブ(DROBE)
-, ,

Copyright© ウィンター×ウェーブさんのワードローブ , 2021 All Rights Reserved.