ブログ 新作・トレンド 2,000〜4,999円 〜9,999円 イベントレポート クロックス

クロックス2018年春の新作モデル「ライトライド(LiteRide)」イチオシランキング

2018年5月8日

スポンサーリンク

太陽はキラキラ、気温と湿度のバランスがサイコーな行楽日和が続いた4月後半。

世界的シューズブランド「crocs(クロックス)」の2018年春夏モデル新作発表会に参加してきました。

今回は、クロックスが社を上げて開発した新モデル「ライトライド(LiteRide)」がメインで登場!

軽くて履き心地抜群なのにおしゃれ! と、三拍子も四拍子も揃ったクロックスの自信作「ライドライド」の中でも、特に私がイベントで気になったイチオシデザインをランキング形式でご紹介します。

 

スポンサーリンク

クロックスの新作「ライトライド」の個人的に欲しいランキング!

第1位 ライトライド ミュール ウィメン(LiteRide mule w)

参照:ライトライド ミュール ウィメン - クロックス公式

今回の新作発表会で、私のハートを最も射止めたのが、女性専用モデルの「ミュール ウィメン」

トレンドのスポーティーなシンプルなデザインで、ヨガウェアやランニングウェアなどのスタイルと相性抜群なデザインです。

クロックス2018年新作ライドライド

一見スリップオンタイプと違いがないように見えるのですが……

 

クロックス2018年新作ライドライド

かかと部分が浅くなっているのが特徴です。

サンダルのような脱ぎ履きのしやすさに加え、かかとの締めつけ感がないので夏でも快適♪

 

クロックス2018年新作ライドライド

サボのような可愛らしいシルエットなので、ワイドパンツやマキシスカートなどのフェミニンなスタイルとも合わせやすい!

 

クロックス2018年新作ライドライド

かかとはないけど、足の甲はスニーカータイプなのでホールド感は十分。

しっかりと甲を守りつつも、ウエットスーツのような柔らかい編み込み素材なので通気性がとても良いのが特徴です。

イベントではストッキングを履いた状態でお試しさせていただいたのですが、足を入れた瞬間にちょっとヒンヤリした感覚が!

履いている間もずっと涼しい……というか、何とも言えない不思議なスッとした感覚でした。

無理矢理例えると、涼感素材のベットシーツ(ニトリのNクールみたいな)を触った時のような感じです!

 

クロックス2018年新作ライドライド

色はネイビー・ブラック・ライトグレーの3種類。

スニーカータイプとサンダルタイプのちょうど中間くらいの、いいとこ取りのアイテムです。

第2位 ライトライド サンダル ウィメン(LiteRide Sandal w)

参照: ライトライド サンダル ウィメン - クロックス公式

第2位は、現在アメリカで大流行中のファッションスタイル「アスリレジャー(アスリート+レジャーの造語)」の要素を存分に取り込んだ、スポーツタイプの「サンダル ウィメン」

この記事を書きはじめる最後の最後まで、1位をサンダルにしようか、ミュールにしようか悩んでいたくらい、こちらも素晴らしい履き心地でした。

 

クロックス2018年新作ライドライド

アッパーのストラップ部分はやわらかいゴム素材なので、締めつけ感は少なめ。むくみによるゴム跡もつきにくそうです。

ゴムでしっかりホールドしているので、かかとがほとんど浮き上がらず足が疲れにくいのもメリットの一つ。

靴底はもちろん「ライトライド」なので、超軽量&超ソフトな履き心地です。

実際にお試しさせていただきましたが、他のどのライトライドよりも軽く、足裏に吸い付くような履き心地なので、まるで裸足で歩いているかのような快適さでした!

 

クロックス2018年新作ライドライド

つま先のおしゃれもしっかり見せてくれるデザインですが、ゴムで伸縮性があるので、ソックスをあわせたコーデも楽しそうですね。

 

クロックス2018年新作ライドライド

色はミュールと同じく、ライトグレー・ネイビー・ブラックの3種類。

蒸し暑い夏をとにかく快適に、涼しく過ごしたい方にぴったりの一足です。

 

第3位 ライトライド ペイサーウィメン(LiteRide Pacer w)

参照:ライトライド ペイサー ウィメン - クロックス公式

第3位は紐有りタイプのスポーティーなスニーカー「ペイサー ウィメン」

アッパー部分が布ではなく、柔らかいゴムのようなTPU素材になっているのが特徴です。

TPU素材の表面にはたくさんの穴が空いているので通気性は抜群! ニオイのつきにくい素材なので、ムレによるニオイが気になる夏に長時間履いていても大丈夫です。

また、TPU素材は水に強く乾きやすいので、もし汚れてしまっても、気軽に洗えるのも魅力!

クロックス2018年新作ライドライド

履き口、ベロ部分にはあて布がしてあるので、靴ずれの心配もありません。

 

クロックス2018年新作ライドライド

これも試履してみましたが、とにかく涼しくて軽い!

色は全部で3色あるのですが、夏らしいペールグレーはどんな色にも合わせやすくて女性にはおすすめです。

 

クロックス2018年新モデル「ライトライド(LITERIDE)」のココがスゴイ!

とにかく軽い! 履き心地がいい! と、連発しまくってきた「ライトライド」ですが、

そもそも「ライトライド」とは何なのか。何がそんなにスゴイのか。ここでかんたんにまとめておきます。

クロックス2018年新作モデル「ライトライド(LiteRide)」とは?

icon icon

参照:LiteRide(ライトライド) - クロックス公式 icon

デザインだけでなく、履き心地を追求してきたクロックスでは、これまで3種類のソールを取り扱ってきました。

中でも最も履き心地にすぐれ、最上位に君臨していたのが3枚構造の「クロスライト」タイプだったのです。その「クロスライト」をさらに改良し、3枚重ねなくてもクッション性に優れ、足にフィットするソールが開発されました。

それが今回新しく登場した「ライトライド」。現在、クロックスでは最上位のモデルになっています。

たった1枚でクロスライトを3枚重ねる必要がなくなるほどの性能とは一体どういうものなのか。かんたんに解説します。

ライトライドのココがスゴイ!

1.足裏へのフィット感がスゴイ!

ライトライドは従来のインソールと比較すると、40%もやわらかいため、足裏に吸い付くような自然な履き心地

足の動きに合わせてソールが曲がり、かかとがパカパカしにくいので疲れにくいという特徴があります。

2.とにかく軽くて楽チン!

ライトライドは柔らかいだけでなく、とにかく軽いことも魅力の一つ。

従来の25%も軽いため、アッパーの素材次第では本当に何も履いていないような、まるで裸足で歩いているような快適さです。

3.アウトソールには大人気のクロスライトを採用

クロックスの代名詞でもある「クロスライト」素材は、「ライトライド」の登場でなくなってしまうのか……

と、思ったらそうではなく、ソールの最底辺(地面と接する部分)にはしっかりとしたクロスライトが採用されています。

クロスライトの上にライトライドを重ねることにより、しっかりとしつつも快適な履き心地が完成しているのです。

 

クロックスは公式オンラインショップで買うのがおすすめな3つの理由

1.クロックスの全商品が買える

「ライトライドがほしい!」と思って、近所の靴屋さんに行ってみたけど置いてなかった……!

(´・ω・`)

これは、クロックス初心者だった私が体験したあるあるなのですが、クロックスは種類が豊富すぎるので、そのへんの靴屋さんに全部置いてあることは……まず無いそうです。(クロックスのスタッフさん談)

なので、ほしいデザインが決まっている場合は、在庫がある限り確実にゲットできるクロックスのシューズを手に入れるられる公式Webショップ「クロックスオンライン」を利用するのが一番良いでしょう。

2.返品・交換保証つき

「全種類、全サイズからよりどりみどり!」とはいえ、靴をネットで買うのって、ちょっとハードルが高いですよね。

しかし、クロックスのオンラインショップは、サイズが合わなかった場合、30日間返品、交換を受け付けてくれます。

返品する場合は、細かい条件があるので詳しくは公式サイトで確認してほしいのですが、規約をざっくり見てみると「到着してタグを切らずに室内で試履したもの」は返品可能なので、サイズ感が心配な方でも安心です。

3.5,000円以上は送料無料

クロックス公式オンラインショップでは、1度のお買い物で5,000円以上購入すると、もれなく送料無料になります。

冬物のブーツはセールでも5,000円以上するものが多いので、ほとんど送料無料で利用できるのではないでしょうか

セールなどでお安くお買い物しすぎてしまい、5,000円に満たない場合でも、送料は全国一律500円。

繁華街の靴屋さんまでの往復交通費と労力を考えたら……

私はクロックスのある街まで往復500円以上かかるところに住んでいる上に、満員電車に乗ると具合が悪くなるので、送料全然払います!笑

 

まとめ

クロックスの2018年春夏モデル発表会では、「ライトライド」以外にもいろんなアイテムとの出会いがいっぱいでした!

いっぱいありすぎて1つの記事では書ききれないので、次回以降もクロックスのアイテム紹介をしたいと思います。

-ブログ, , 新作・トレンド, 2,000〜4,999円, 〜9,999円, イベントレポート, クロックス
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ウィンター×ウェーブさんのワードローブ , 2020 All Rights Reserved.