エアークローゼット

エアークローゼット(airCloset)の疑問、よくあるトラブルの対処法

2019年5月13日

スポンサーリンク

この記事では月額制ファッションレンタルサービス「エアークローゼット(エアクロ)」に関する素朴な疑問や、トラブルの対処法についてまとめています。

スポンサーリンク

届いた服が破損(ほつれ・破れ・シミ)していた

エアクロから届くお洋服はとてもきれいな状態ですが、実は完全な新品ではありません。

まれに新品もあるようですが、基本的にはユーザーが使用した服をエアクロが提携のクリーニング業者でクリーニングし、再び次のユーザーに貸し出すシステムになっています。

クリーニングは大手クリーニングチェーンのホワイト急便が監修しているのでクオリティは確かなものなのですが、ほつれや破れ、シミなどの破損がまれに見落とされてしまうこともあるようです。

このような商品のダメージを発見したときは必ず使用前にエアークローゼットの運営会社に連絡し、返品処理を依頼しましょう。

「小さなダメージなら気にしない」という方もいるかと思いますが、連絡せずに返却してしまうと自分の番で「破損した」と思われてしまう可能性があるかもしれません。

ボックス到着後はすぐに商品状態のチェックを心がけたいですね。

ボックスの到着が遅い!

1か月9,800円で借り放題レギュラープランですが、1つのボックスで借りられるのは3点まで。

目一杯活用するには頻繁にボックスを交換する必要があります。

公式サイトによると「1ヶ月間に最大で4〜5回ボックス交換が可能」とありますが、これはあくまでも最短配達日数で交換した場合なので、配送センターから遠い場所に住んでいるとさらに交換回数が少なくなってしまいます。

配達日数(2日)、5日間ボックスを手元においた場合=ボックス4回(3点×4=12着)・返送料3回×300=900円・・・1着あたり約891円
配達日数(5日)、5日間ボックスを手元においた場合=ボックス3回(3点×3=9着)・返送料2回×300=600円・・・1着あたり約1,155円

配送日数の違いで1着あたりのレンタル料金に約264円もの差が生じてしまいました。

このような距離的な問題から「エアクロは届くのが遅い!」と不満に思う方も少なくないようです。

上の例では配送日数2日と5日で比較しましたが、お住まいの地域や天候・交通事情によって1週間くらいかかることもあるようです。

なんとか交換回数を増やしたい場合は手元に置く期間を短くするぐらいしか現状では対処法がありません。

配送センターは関東にあるので、関東から遠い北海道や沖縄、離島などにお住まいの方は申し込み前に配達日数をしっかり確認したほうが良いでしょう。

自分に合った服が届かない

エアクロはユーザーのデータや好みに合わせてスタイリングされたお洋服が届くサービスですが、

「似合う服が届かない」「好みは好みなんだけど、なんか違うものばかり」という、方も少なくないようです。

エアクロから納得のいくお洋服が届くようになるには……

  1. ユーザーカルテをしっかり記入する
  2. 全身・顔写真を登録する
  3. 届いたアイテムの感想をしっかりと伝える

かなり骨の折れる作業なので登録当初は面倒でエアクロ自体やめたくなるかもしれませんが、一度自分にフィットしてしまえば後が非常に楽になります。

ユーザー情報、アイテムへのアンケートの他には「お気に入りブック」の更新も効果的です。

「お気に入りブック」のスタイルを統一させると、スタイリストさんに希望のファッションが伝わりやすくなります。

ネット上の顔が見えないコミュニケーションだからこそ、スタイリストさんに文字と写真でしっかりと要望を伝えることが重要になります。

エアクロに問合わせメールを送ると必ず翌日には返信があります。不安・不審なまま退会する前に、メールフォームで相談してみましょう。

-エアークローゼット
-, , , , ,

Copyright© ウィンター×ウェーブさんのワードローブ , 2021 All Rights Reserved.